« 非同期デリゲートの使用法 | トップページ | OpenFileDialog/SaveFileDialogとWin32API »

2010年9月17日 (金)

アプリケーション固有のデータ格納先

アプリケーションのINIファイルに相当するデータを格納するには、Application.CommonAppDataPath または Application.LocalUserAppDataPath を使えば良い...と思ったら、

ベースパス\CompanyName\ProductName\ProductVersion

を返すという。CompanyName と ProductName は良いとして、何故 ProductVersion まで含めるのだろう。
これだとアプリケーションをバージョンアップしたら、いきなりINIファイルを読めなくなってしまう。バージョンアップしたら、INIファイルを新しく要求するフォルダへ移動しろとでもいうのだろうか。

ずっとそう思っていたが、改めて検索してみたら、@ITの.NET Tips「アプリケーション設定情報はどこに保存すべきか?」で、このバージョン番号を含まない独自クラスのサンプル・ソースが公開されていた。

やっぱりそうだよね。バージョン番号はいないよね。

« 非同期デリゲートの使用法 | トップページ | OpenFileDialog/SaveFileDialogとWin32API »

.NET情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アプリケーション固有のデータ格納先:

« 非同期デリゲートの使用法 | トップページ | OpenFileDialog/SaveFileDialogとWin32API »