« マネージドDLLの動的リンク(4)[最終回] | トップページ | システムイメージリストを使用したアイコン表示(1) »

2010年11月21日 (日)

Sandcastle 日本語ローカライズ情報

今まで見逃していたのですが、

http://oss-ja-jpn.sourceforge.jp/

に、Sandcastle 関連の日本語化が行われたものが配布されています。
現時点では以下の3つがあります。

タイトルリリース日
Sandcastle MSI (26202-ja0) 2010-06-17
Sandcastle 日本語メッセージ (1803-ja1) 2010-06-16
Sandcastleヘルプファイルビルダ (1803-ja1) 2010-06-16

調べてみたので、書き残しておきます。

Sandcastle MSI (26202-ja0)

Sandcastle(コマンド版)のインストーライメージ(msiファイル)です。といっても コマンド版Sandcastle の日本語版ではなく、インストールしてもBuildAssembler.exe, BuildAssemblerLibrary.dll, CommandLine.dll が、Sandcastle のフォルダに入るだけです。26202はバージョン? でも最新版 Sandcastle でも2.6.1062.1で、これのリリースが2010-6-23なのを考えれば、ちょっと変ですね。説明もない様なので、何の為のものか不明です。
なお、下記のSandcastleヘルプファイルビルダ (1803-ja1) + Sandcasle May 2008 Release(Version2.4.10520) + Sandcastle 日本語メッセージ (1803-ja1)の環境で、上記のファイルに置換して、ヘルプをビルドしようとするとエラーが出て動きませんでした。もちろん、ファイル置換を元に戻せば、正しくビルドできます。

Sandcastle 日本語メッセージ (1803-ja1)

以前、「Sandcastle を使用したドキュメント作成(1)」で紹介したローカライズと同じ様に、日本語にローカライズされた各種XMLファイルが入っていて、Sandcastle の一部ファイルを置換してローカライズします。但し、これもどの Sandcastle バージョン向けなのか明記されていません。ちょっと見た感じでは、May 2008 Release(Version2.4.10520)用にも見えますし、実際 May 2008 Release で使ってみましたが、大丈夫とは断言出来ません。各ファイルの中身の構成が、日本語化された以外に違いが無いか、きちんと確認しない限り断言出来ませんよね。確認作業は、想像より大変なのが判ったのでしてません。
それから、次のSandcastleヘルプファイルビルダ (1803-ja1) と同じダウンロードファイル名(SandcastleBuilderSetup_1803-ja1.zip)になっているのが紛らわしいです。はじめ、同じファイルが2箇所にあるのだと誤解して、ダウンロードしなかった経緯があります。実際は、ファイル名は同じでも、中身はちゃんと日本語メッセージが入っています。

気になった点として、どのファイルにも先頭行に
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
がないのですが大丈夫なのでしょうか。明示的にUTF-8使用を宣言してないと、ヘルプの文字化けだったか、不具合があるような事を書いていたサイトがあった様な気がします(残念ながらどのサイトだったか覚えていない)。確認で動かした範囲内では、確かに問題ありませんでしたから、今の Sandcastle のバージョンなら問題がないという事かもしれません。
しかし、いくつかのファイルが UTF-8 でなく Shift-JIS 保存されている点は、問題ありです。以下のファイルが Shift-JIS なので UTF-8 で保存しなおす必要があります。

Sandcastle\Presentation\hana\Content\ja-JP\conceptual_content.xml
Sandcastle\Presentation\hana\Content\ja-JP\reference_content.xml
Sandcastle\Presentation\Prototype\Content\ja-JP\conceptual_content.xml
Sandcastle\Presentation\Prototype\Content\ja-JP\reference_content.xml
Sandcastle\Presentation\Prototype\Content\ja-JP\shared_content.xml
Sandcastle\Presentation\Prototype\Content\ja-JP\token_content.xml

更に Sandcastle\Presentation\Prototype\Content\ja-JP\shared_content.xml は、中のlocale指定部分
    <item id="locale">en-us</item>

    <item id="locale">ja-jp</item>
に書き換える必要があります。

Sandcastleヘルプファイルビルダ (1803-ja1)

日本語版の Sandcastle Help File Builderのインストールイメージ(msiファイル)が入っています。バージョンは、1.8.0.3です。現時点で、もう最新ではないですが日本語で扱えるのが魅力でしょう。さすがに日本語版と英語版の共存は出来ないので、最新の英語版 1.9.1.0 をインストールするか、それともこの日本語版をインストールするかは、選択する必要があります。
少なくとも私の環境では、この日本語版 1.8.0.3 では、コマンドライン版最新の June 2010(Version 2.6.1062.1) の Sandcastle は使えませんでした。使うとヘルプのビルド中にエラーが出てダメでした。May 2008(Version2.4.10520) の Sandcastle を使う様にしましょう。

以上、とりあえずの調査結果です。Sandcastle については、例えばXMLのこのタグがヘルプのここに反映されるとか、オプション指定をこの様にすれば、結果がこうなるといった、具体的な事を調査したいとは思ってますが、なかなか出来ないでいます。そのあたりが知りたい人は、まあ気長に待っていて下さい。

« マネージドDLLの動的リンク(4)[最終回] | トップページ | システムイメージリストを使用したアイコン表示(1) »

.NET情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sandcastle 日本語ローカライズ情報:

« マネージドDLLの動的リンク(4)[最終回] | トップページ | システムイメージリストを使用したアイコン表示(1) »